求人の今昔

一昔前ですと、アルバイトや仕事を探すには、新聞の求人広告を見たり、求人誌を買って探すなどの方法が一般的でした。そして希望する働き口が見つかれば、履歴書を購入して顔写真を撮り、電話で応募して面接にこぎつけるという流れでした。しかし今はどうでしょう。朝一番にわざわざ求人誌を買いに行かなくても、自宅にいながらにしてインターネットやスマートフォンで手軽に求人情報を閲覧することができるようになったのです。

紙面の求人誌との大きな違いは、探したい求人に辿り着けるスピードの速さでしょう。都道府県や沿線別、業種や職種別に検索が行え、そのうえ、正社員やパートなどの就業形態や勤務時間、給与やボーナスの有無などの希望する細かな条件に合わせた検索が行えます。紙面のようにひとつひとつの求人に目を通さなくても、必要な求人情報へとすばやく辿り着くことができるのです。

応募に際しても、サイト内の応募フォームに記入した後に送信ボタンを押せばよいだけですから、応募先にいちいち電話をかけるという手間や気遣いが省けます。求人側からしても、電話の対応に大事な業務時間を奪われるということがありませんので、仕事を探す側にとっても求人を呼びかける事業者側にとっても、余計な手間がかからず、効率のよい求人方法といえましょう。以前に爆発的な販売数を誇っていた大手の求人誌も、紙面の情報誌を廃止し、ネットの求人情報へと移行していきました。世の流れと共に、求人の形態も形を変えていくのです。

◎管理人特選サイト
インターネットで仕事を探すのに役立つ求人情報サイトです >> 求人情報サイト